足尾へようこそ! 〜 2013年 足尾銅山の閉山から40年〜
足尾Terrace(あしおてらす)・足尾銅山の光と影 ( ↑ の背景画像は大正初期の足尾の鳥瞰図イラストの一部です )

『足尾Terrace』は、産業遺産と環境学習のまち 日光市の足尾 で取り組んでいる「足尾のプログラムづくり」「足尾ガイドの養成」「受け入れ態勢づくり」についての情報を発信し、足尾(銅山)の光と影について感じ、考えていただくきっかけをつくることを目的としたサイトです。

トロ道

トロ道

トロ道と木の電柱

トロ道とは昔トロッコ(軽便馬車鉄道)が行き来していた道です。銅山で使う大量の物資を運搬するため線路上の台車を馬で引く軽便馬車鉄道網を明治23(1890)~25年にかけ町内等に整備をしました。その延長は84kmにもなリました。通洞駅と足尾駅間は歩くのにも手頃な距離でおすすめです。

トロ道と木の電柱
トロ道と木の電柱
電柱には<やまいち>マークが
電柱には<やまいち>マークが

 

通洞駅を出発し、蓮慶寺・足尾キリスト教会・宝増寺を経由して足尾駅までのトロ道の散策は手頃な距離(約900m)で足尾の雰囲気を感じることができるオススメのコースです。


■駐車場:なし

■トイレ:なし (通洞駅・足尾駅をご利用下さい)

■Googleマップリンク
トロ道

エコミュージアムあしお

日光市足尾町では平成6年から「全町地域博物館化構想(=エコミュージアムあしおの創造)」に取り組んできました。現在も産業遺産と環境学習のまちとして「エコミュージアムあしお」の実現に向けて取り組んでいます。>>もっと詳しく

足尾の唄

足尾の四季

クリックで演奏開始

日光市足尾町に古くから残る名曲「足尾の四季」。足尾の表情を唄と画像でお届け。女声パート:初音ミク、男声パート:初音ミク(改)。

直利音頭

クリックで演奏開始

日光市足尾地区に伝わる民謡「直利音頭(なおりおんど) 」の唄と画像を、初音ミクの声で。「直利」とは鉱山用語で豊かな鉱脈の意。

以上hotatekamome氏作

足尾で宿泊[小滝エリア]

足尾で宿泊
↑足尾の湯宿パンフ

産業遺産のまち - 足尾

環境学習のまち - 足尾

産業遺産のまち - 足尾 kankyogakushu_ashio.jpg
画像クリックで拡大
(提供:足尾町観光経済課)

管理人のつぶやき

 
 

足尾の天気・足尾の雨量

日光市に属する足尾町は、周りを山々に囲まれ比較的高い標高にある町なので「天気」は周囲と異なることが珍しくありません。栃木県と群馬県の県境に位置しますので周辺の天気をご案内します。

栃木の天気

 

足尾町通洞 〒321-1514

足あと。。。

744057
今日今日105
昨日昨日349
今週今週608
今月今月4237
すべてすべて744057
2008/10/08 16:00より
トップに戻る