足尾へようこそ! 〜 2013年 足尾銅山の閉山から40年〜
足尾Terrace(あしおてらす)・足尾銅山の光と影 ( ↑ の背景画像は大正初期の足尾の鳥瞰図イラストの一部です )

『足尾Terrace』は、産業遺産と環境学習のまち 日光市の足尾 で取り組んでいる「足尾のプログラムづくり」「足尾ガイドの養成」「受け入れ態勢づくり」についての情報を発信し、足尾(銅山)の光と影について感じ、考えていただくきっかけをつくることを目的としたサイトです。

国民宿舎かじか荘

国民宿舎かじか荘

国民宿舎かじか荘

足尾は、明治から大正、昭和そして平成へ、時の流れが見てとれる歴史の町です。標高630mから800mの地であり夏は涼しく緑が多く、首都圏の“オアシス’と言えます。

足尾に一泊をして、庚申山の登山に、そして少し足を延ばして日光・鬼怒川方面に向かわれる行楽のステーションとしてもよいでしょう。

※庚申の湯

銀山平地内キャンプ場入り口付近に源泉を有し、泉質は“アルカリ単純泉”で、肌もスベスベになることから“美肌の湯”とも言われ、露天風呂も大変人気があります。

以上、日光市足尾町作成「足尾ガイド」p.37より抜粋

 

かじか荘外観
かじか荘外観
かじか荘周辺
かじか荘周辺

 

【国民宿舎かじか荘情報】
栃木県日光市足尾町銀山平5488
TEL:0288-93-3420

Googleマップで 国民宿舎かじか荘(足尾まち歩きMAP) を表示

Googleマップで 国民宿舎かじか荘を(通常MAP) を表示

エコミュージアムあしお

日光市足尾町では平成6年から「全町地域博物館化構想(=エコミュージアムあしおの創造)」に取り組んできました。現在も産業遺産と環境学習のまちとして「エコミュージアムあしお」の実現に向けて取り組んでいます。>>もっと詳しく

足尾の唄

足尾の四季

クリックで演奏開始

日光市足尾町に古くから残る名曲「足尾の四季」。足尾の表情を唄と画像でお届け。女声パート:初音ミク、男声パート:初音ミク(改)。

直利音頭

クリックで演奏開始

日光市足尾地区に伝わる民謡「直利音頭(なおりおんど) 」の唄と画像を、初音ミクの声で。「直利」とは鉱山用語で豊かな鉱脈の意。

以上hotatekamome氏作

足尾で宿泊[小滝エリア]

足尾で宿泊
↑足尾の湯宿パンフ

産業遺産のまち - 足尾

環境学習のまち - 足尾

産業遺産のまち - 足尾 kankyogakushu_ashio.jpg
画像クリックで拡大
(提供:足尾町観光経済課)

管理人のつぶやき

 
 

足尾の天気・足尾の雨量

日光市に属する足尾町は、周りを山々に囲まれ比較的高い標高にある町なので「天気」は周囲と異なることが珍しくありません。栃木県と群馬県の県境に位置しますので周辺の天気をご案内します。

栃木の天気

 

足尾町通洞 〒321-1514

足あと。。。

744058
今日今日106
昨日昨日349
今週今週609
今月今月4238
すべてすべて744058
2008/10/08 16:00より
トップに戻る