足尾へようこそ! 〜 2013年 足尾銅山の閉山から40年〜
足尾Terrace(あしおてらす)・足尾銅山の光と影 ( ↑ の背景画像は大正初期の足尾の鳥瞰図イラストの一部です )

『足尾Terrace』は、産業遺産と環境学習のまち 日光市の足尾 で取り組んでいる「足尾のプログラムづくり」「足尾ガイドの養成」「受け入れ態勢づくり」についての情報を発信し、足尾(銅山)の光と影について感じ、考えていただくきっかけをつくることを目的としたサイトです。

足尾歴史館

足尾歴史館

images/stories/image/ashio_rekishikansoto.jpg

平成17年4月、足尾楽迎員協会のメンバーが立ち上げました。

足尾銅山は、過去、公害などの負の世界だけが強調され、光の部分は全くと言うほど語り伝えられることがありませんでした。

メンバーは、調査学習活動をとおして、足尾銅山が日本の近代国家づくりに大きく貢献してきた光の部分を、写真・本・資料から探し出すことができ、この誇れる歴史を語ろう、町内に点在する貴重な産業遺産をガイドしようと、ボランティア活動を進めています。

館内の明治、大正、昭和の写真は全国の鉱山で足尾でしか見られない大変めずらしいものが展示されています。

教育関係者や歴史関係者、また交通関係者、市町村関係者等の足尾の地に関心のある方が多く入館されています。なお歴史館は、一般の博物館や資料館と異なり、「交流の場」としてるのも特徴で、みんなで作ろう、みんなが参加して、より内容の濃いものにしていこうとの合言葉で「館」を運営しています。

以上、日光市足尾町作成「足尾ガイド」より。

足尾歴史館へのリンクはこちらから

足尾歴史外観
足尾歴史外観
足尾歴史館
足尾歴史館展示室

(写真提供:日光市足尾総合支所観光経済課)

 

【足尾歴史館情報】
〒321-1523
栃木県日光市足尾町松原2825
0288-93-0189

 

Googleマップで 足尾歴史館(通常MAP) を表示

エコミュージアムあしお

日光市足尾町では平成6年から「全町地域博物館化構想(=エコミュージアムあしおの創造)」に取り組んできました。現在も産業遺産と環境学習のまちとして「エコミュージアムあしお」の実現に向けて取り組んでいます。>>もっと詳しく

足尾の唄

足尾の四季

クリックで演奏開始

日光市足尾町に古くから残る名曲「足尾の四季」。足尾の表情を唄と画像でお届け。女声パート:初音ミク、男声パート:初音ミク(改)。

直利音頭

クリックで演奏開始

日光市足尾地区に伝わる民謡「直利音頭(なおりおんど) 」の唄と画像を、初音ミクの声で。「直利」とは鉱山用語で豊かな鉱脈の意。

以上hotatekamome氏作

足尾で宿泊[小滝エリア]

足尾で宿泊
↑足尾の湯宿パンフ

産業遺産のまち - 足尾

環境学習のまち - 足尾

産業遺産のまち - 足尾 kankyogakushu_ashio.jpg
画像クリックで拡大
(提供:足尾町観光経済課)

管理人のつぶやき

 
 

足尾の天気・足尾の雨量

日光市に属する足尾町は、周りを山々に囲まれ比較的高い標高にある町なので「天気」は周囲と異なることが珍しくありません。栃木県と群馬県の県境に位置しますので周辺の天気をご案内します。

栃木の天気

 

足尾町通洞 〒321-1514

足あと。。。

770933
今日今日74
昨日昨日86
今週今週74
今月今月1205
すべてすべて770933
2008/10/08 16:00より
トップに戻る