足尾へようこそ! 〜 2013年 足尾銅山の閉山から40年〜
足尾Terrace(あしおてらす)・足尾銅山の光と影 ( ↑ の背景画像は大正初期の足尾の鳥瞰図イラストの一部です )

『足尾Terrace』は、産業遺産と環境学習のまち 日光市の足尾 で取り組んでいる「足尾のプログラムづくり」「足尾ガイドの養成」「受け入れ態勢づくり」についての情報を発信し、足尾(銅山)の光と影について感じ、考えていただくきっかけをつくることを目的としたサイトです。

足尾ダムと銅親水公園

足尾ダムと銅親水公園

足尾ダム

渡良瀬川の上流にある、松木川・仁田元(にたもと)川・久蔵(くぞう)川の三つの川の合流点に“足尾ダム”・銅(あかがね)親水公園があります。

このダムは、山の土砂の流れを防ぐ砂防ダムです。このダムができる前の足尾の川は、大雨が降ると必ずたくさんの土砂が一緒に流れ、水の色は赤茶けたものになり、川を流れていく大きな石がぶつかり合う音が聞こえてるほどでした。この状態が続けば渡良瀬川下流では大洪水がおきてしまう恐れがありました。そこで特に土砂の流れが多い三つの川が合流するところにダムを明治30(1955)年に完成したのです。このダムが完成してからは、大雨が降っても下流の人々に洪水のない安心感を与えています。

また、平成8年(1996)年、ダムの下流に「銅(あかがね)親水公園」が完成しました。公園内には地域のシンボルとして珍しい人道用斜張橋の「銅(あかがね)橋」が架けられ、「足尾環境学習センター」が建設されるなど、足尾の自然と歴史が“体感”できる「いこいの場所」となっています。

以上、日光市足尾町作成「足尾ガイド」より。

足尾ダム 足尾ダム
足尾ダム 足尾ダム
足尾ダム遠景  
足尾ダム遠景  
   

エコミュージアムあしお

日光市足尾町では平成6年から「全町地域博物館化構想(=エコミュージアムあしおの創造)」に取り組んできました。現在も産業遺産と環境学習のまちとして「エコミュージアムあしお」の実現に向けて取り組んでいます。>>もっと詳しく

足尾の唄

足尾の四季

クリックで演奏開始

日光市足尾町に古くから残る名曲「足尾の四季」。足尾の表情を唄と画像でお届け。女声パート:初音ミク、男声パート:初音ミク(改)。

直利音頭

クリックで演奏開始

日光市足尾地区に伝わる民謡「直利音頭(なおりおんど) 」の唄と画像を、初音ミクの声で。「直利」とは鉱山用語で豊かな鉱脈の意。

以上hotatekamome氏作

足尾で宿泊[小滝エリア]

足尾で宿泊
↑足尾の湯宿パンフ

産業遺産のまち - 足尾

環境学習のまち - 足尾

産業遺産のまち - 足尾 kankyogakushu_ashio.jpg
画像クリックで拡大
(提供:足尾町観光経済課)

管理人のつぶやき

 
 

足尾の天気・足尾の雨量

日光市に属する足尾町は、周りを山々に囲まれ比較的高い標高にある町なので「天気」は周囲と異なることが珍しくありません。栃木県と群馬県の県境に位置しますので周辺の天気をご案内します。

栃木の天気

 

足尾町通洞 〒321-1514

足あと。。。

744057
今日今日105
昨日昨日349
今週今週608
今月今月4237
すべてすべて744057
2008/10/08 16:00より
トップに戻る